ジェットスターで長崎旅行を楽しんできました

偉人がそこにいたと実感する旅になった

もう新幹線を使う意味が分からない歴史好きは長崎に行くべき偉人がそこにいたと実感する旅になった

九州地方にはさまざまな遺跡が残ってもいるので、いくら旅行に来ても次はこれに行きたいというのが出てきてしまいます。
例えば邪馬台国の遺跡なども自分はとても興味があって、何度も来てはここに卑弥呼がいたのだろうか、ここに邪馬台国は合ったのだろうかというような事も考えたりしています。
自分的には九州地方というのはかなり地理的には邪馬台国があり得るところだという事は考えられることだという気がします。
日本の文明は九州地方から発達したのではないかという気が自分などはしているので、場所的なところでいうと邪馬台国説にはかなりの説得力があるような気がします。
畿内説は確かに大和王権が出来た地域ではありますが、それと邪馬台国を結びつけて良いのかというところに疑問が残っているところがあります。
さらには、九州地方には島津義久、義弘というよう戦国時代の有名武将が戦った跡などもありますから、こうしたところを巡って当時の人々の考えや想いについて考えていると、大変だったのだろうという事を感じてしまいます。
昔は今のように法律も整備されていませんから、人々がいつ戦いの犠牲になるのかという事もある事ですし、領主が変わって年貢をとんでもなく搾り取られるというようなともあったわけで、そうした事などを考えると今の人は恵まれているなという事を実感する旅ばかりです。

ジェットスター乗り物ニュース